MSB-962-PE

0
    速攻でBiteしてしまったんだな。

    まだ魚は掛けてないですがリールのマッチングやらで2時間弱振りましたが良いです。16g〜25gまでの色々なタイプのプラグを投げましたが、気を使うことなくキャストできました。あとは魚を掛けるだけだな。
    そこでだ最高に変体チックなロッドMMB-992-MRをどうするか悩んできた。アレはアレでいい所あるし・・・。でも、重い。肩が持たない・・・。う〜迷う。来月発売のモンスターストリームもスピニングタイプだけど振ったら心に響くものがあったし・・・。金無いし、キリが無い。


    画像はDaiwa Zですが、アンタレスDC7のほうが良いな。初めて明るいときに投げ比べしたけどアンタレスに優位性はあると思った。


    今後ストリームモデルだけグリップはブランクタッチになるのかわからないがちょっと違和感。流れを感じ取るには良いのかな。サイズは16。ただフードナットはコレで正解だな。

    さてさて・・・

    0
      今年のシーバスシーズンは終わったかな・・・。
      全然ダメダメでした。APECやらで行ける回数は少なかった事もありますが、今年は厳しかった。
      多摩川に限らず三浦半島でも連敗続きで新しく買ったDAIWA Z2020Hのポテンシャルもイマイチ試せてません。



      お恥ずかしながら今年の最大サイズ。ロッドは、MMB-992MRですね。全然余裕だし、感度最高です。




      10月中旬に先輩からシーカヤック(シットオンカヤックorフィッシングカヤックって呼ぶらしいです)に誘っていただき遊んできました。面白いですね、また行きたいです。ロッドはMJB-7112-LRです。結構バッド入ってますね、比較的ライトなシーバスフィッシングでは使いやすいです。この日の最大サイズは ↓ です。


      初めて、バイブレーションを真面目に使った一日でした。
      因みにお世話になったのは カヤック55 さんの試乗です。







      気になる2つ

      0
         このハイシーズンにウェーダーが水漏れでなかなかいけない・・・。
        まぁメーカーにはありがたい対応をしていただいているので我慢します。



        Midnight Jetty Wangan MARU special MJS-872-PE
        コレ。スゲーいいです。シーバスは絶対ベイトな俺がスピニング使ってもいいかなと思える一本です。スペック的にはルアーウェイトがMAX28gでミッドウォーターでもいいんじゃね?って感じのスペックですけど、Jettyです。
        シーバスだけでなく、尺メバルやフラット等高次元で汎用できる一本だと思います。リールはC3000がベストかなと思うが、リール買う金は無いので手持ちの83deep用のC2500HGで余裕でしょ?って感じだな。違いはローターの材質とスプールが違うだけだったからな。




        そしてもう一つがこれだな。DAIWA Z2020H(画像は2020SH)。
        RYOGAからなんかシマノっぽくなったダイワのリール。気になる。
        ダイワのリール(マグブレーキ)なんて20年位投げてないから、まったくどんな感じなのか想像が出来ない。
        ついこの間シーカヤックでシーバスを釣る機会があったのだけど、そのときメタマグ7を使ってブレーキブロック全てOFFでも「あれ?なんか・・・」って感じだったのよね。そこでマグブレーキはどうなんだ・・?この時から気になってます。何回か触ってるけど投げてないから誰かインプレ聞かせてください。出来ればアンタレスDCと比較したことがある人。


        MMB-992-MR

        0


          たしか以前限定発売されたこのロッド最高です。ちょっと変体チックですけどw

          最初は重いと感じましたが、もう慣れました。リールはメタDC、アンタDC使いましたがアンタDCの方が私は相性が良いです。

          最近雨も降り気温、水温共に下がってきたので振りまくってます。
          50〜60サイズを5本掛け、後に70up、3.5kgを掛けましたが、あえてドラグを出さず一気に寄せましたが余裕です。それに感度が最高です。Mid Waterに比べたら格段に違います。最初は感度が良すぎてメバルみたいにアワセを入れてしまい数回バラシましたが、今は上手く使えてます。
          当然ながらルアーを選びますね。色々試しましたが私の境目は18gあたりです。コレより軽いとキャストに気を使います。まぁこれからの時期のウェーディング中心で使うし、軽いの投げることも無いのであまり関係ないですけど。

          現行スピニングMJS-872-PEのアクションに似てます。当然パワーは違いますけど。ベイトでも似た感じのアクション待ってます。Gcraftなんでしっかりベイトはベイトで作ってるのである程度安心してますけど。待ち遠しいです。
          まずは春に新しい8.9ft(ベイト)が出るらしいです。

          難しい

          0
            フッキングして気を抜いてると海藻に入られてロック。
            今度は、プラグで・・・。願わくば尺を・・・。


            そろそろ、シーバスに行かなくちゃ

            冷たい

            0
              ウェーダーが漏れ漏れ。
              もう新しいの買うしかないな。
              久しぶりに83deepでメバル行きました。プラグではイマイチで、ワームで
              適度に楽しんできました。
              やはり、ステラは良い。巻き心地に賛否両論ありますが、私は好きです。
              でも、最初は重いと思ってましたが、アタリが出たのか、自分が慣れたのか
              解らないが、最高です。でも、74erectroには、イグジスト2004を使ってます。
              この74electroには軽くて巻きも軽いのが良いなと思って使ってますが、
              なんか、魚を掛けてから寄せる最中のやり取りで不安を感じますね。
              20センチ代半ばのメバル位ならゴリ巻きで寄せますけど、まさしくリールが
              ゴリゴリって感じですね。
              ステラはスムーズ。それにリトリーブと魚を掛けてからのリーリングでも使用感は同じ。
              今度の2004は空回しでもコリコリとか、ザラつきがある。この辺はベアリングやら、シム調整である程度納得いくところまで出来るのだが、今度の2004はダメダメ。ハンドル軸のガタツキを取るためにシムを追加してガタツキを無くしつつ、ギアの噛み具合のいいところ探すのだが、噛み具合もガタツキも良い感じにすると、特定のハンドル位置でカリカリするのです。ドライブギアだけはパーツで取れないみたいだし・・・。
              イグジストは友人のも含め5台メンテしてるけど、ハズレが多いな。メンテすれば、良いリールになるけど。
              ただシマノはメンテしなくても大体良い感じ。
              明るいところでキャストしてる分にはラインでアタリが読めますけど、暗いところでは明確なアタリではなく違和感のようなアタリを取るときにこの辺の振動とか、ギアのコリコリ感はとても気になるのでもう少し出荷状態で何とかなりませんかね?
              ステラと比べたら、各パーツの材質の違いやらで手に伝わる振動は違ってくると思うけど、いかがなもんでしょうか?

              そんな感じで、今度の10ステラは重量も軽くなってるし(僅かだが)、巻きも軽くなってるみたいですね、どうなんでしょ?自分なら、C2000Sだなとか思ってたらラインナップに無い。在るには在るけどハイギアしかも、ハンドルは金色・・・。じゃー2000だな。ってか、2000Sは無いのかよ!

              ライン

              0
                しかし、ライン選びは難しい。時間、金がかかる。
                最近、ミノーで使うリールはメタマグMgDC7とアンタレスDC7(最近出番無し)。
                まず、最初に使ったのは十数年前にABU4500Cとカルカッタ200でファイアーラインを使いましたが、お話にならないぐらいキャスト切れが多発。(ABUの方がトラブルは少なかったかな。あのレベルワインダーの仕組みにはそれなりのメリットはあるのだな)丁寧にリトリーブをしたり色々試したが、やはり切れた。それ以降暫くはナイロン10lb〜14lbをうろうろしていた。その後、友人の間でもPEが主流になり自分もPEを試してみようとダイワのPEを購入してみた。銘柄は忘れたけど4本編みの2号だった。その当時はホームでトップしか投げておらずコンク200に巻いたのだが、ただのリトリーブなら全然問題ないのだがアクションした時にどうしても糸ふけを出したまま巻きとってしまう。このままの状態でキャストするとバッククラッシュというより糸噛み多発でタイムロスしまくり。そのころには、バスポンドとかで50lbぐらいの極太PEが販売されていたがどうも購入する気にはなれなかった。あれぐらいの太さなら問題は減りそうだが、どうもあの太さは・・・。
                また暫くの間ナイロン派に戻り、その頃にはウェーディングをするようになり、トップとミノーで完全にタックルが分かれた。今現在トップではナイロンですが、ミノーではPEがメインになりました。そこで、今まで試したPEをメモがてら投稿・・・。
                自分がPEを使う点で気にするところは「強度」(結束含む)「ハリ」「寿命」「ガイドへの糸鳴き」とここまでは皆さん一緒かと思いますが、自分はもう一つ「吸水性」があるのです。吸水性と言っても素材に対する浸透ではなく、リトリーブしてスプールにラインが収まる際にどの程度水がラインに絡んでるかです。スピニングの場合ロッドを握ってる際にリールは自分の手の下にあるのであまり気にならないかもしれませんが、ベイトの場合自分の手の上というかリール自体を握る感じになりますので、水を多く絡んだ状態でリトリーブするとそのうち手がビシャビシャになるのです。特にたまった水がシトシトと手指に・・・。キャストする度に顔面に霧状の水が・・・。
                夏ならともかく冬は致命傷。ただでも冷たいリールを握ってるのに・・・。

                VARIVAS アバニ シーバスPE
                これを、アンタDC7に使って問題点少なく以後PEを色々試すようになる。
                ただ、ハリが無く使いづらい。手はビシャビシャ。劣化を感じる間も無く
                次のラインへ交換。

                YGK ベイサイドシーバスPE
                ダイニーマ4本とモノフィラメント4本の8本編み。ハリがあり使いやすい。
                ノットも決まりやすい。このラインを2号、1.2号、1.5号と使い続けたが、
                劣化が早いかもしれない。色落ちが始まると吸水性も高まるし強度も低下。
                切断面もどちらかというと円に近いし糸噛みも少ない。ただ1.2号は扁平
                してるかな・・・。

                SUNLINE キャストアウェイPE
                ベイサイドシーバスと同じ感じ。ただ若干劣化が速いとも感じた。
                ガイドに対するスベリはベイサイドシーバスPEよりはよいかも。
                ただ、吸水性はベイサイドシーバスPEより多いな。

                YGK G-soul SS112
                ベイサイドシーバスPEの色違い?のような気もするが・・・。
                吸水性は大変です。タオルが必要なくらい。
                まぁモノフィラが編んである時点で吸水性は高いので仕方ないのかもです。
                しかも、太いかな・・・。

                VARIVAS アバニ シーバス マックスパワー
                ライン自体最高だと思います。ただラインの性格が素直というか、例えるとリトリーブ中にルアーが岩にコンと軽く当たるとその反動で糸フケが出来たまま巻き取ってしまい、糸噛みの原因となることが多かったです。おそらく、岩にルアーがヒットしてロッドがそれを吸収し、ロッドの反発力で戻った際の一瞬の糸フケをそのままリールが拾っていたのかと・・。
                流れの変化や岩などへのヒット、バイト等に素直に反応します。それだけ伸びの少ないラインかなと・・・。
                ガイドの鳴きも無いし、吸水もまったく無いと言っても過言ではないし。
                これで、2号があれば良いかも。

                シマノ Power Pro
                今現在これに落ち着いています。最初触った感じは「硬い」でした。
                現在1.5号を使ってますが、釣行時間も40時間を超え色落ちとハリが少なくなった程度です。吸水性も最初は全然無く、現在は気にならない程度です。
                ちょっと良いナイロン並みの値段だし、コストパフォーマンスはいいです。
                某掲示板のインプレ投稿では、「切れる」とか「コブ」「ノットの弱さ」が問題視されてるみたいですが、自分はまだ経験がありません。恐らくスピニングのラインローラの所でラインがほぼ90度に曲がるあそこに原因があるかと思います。今のところベイトでは自分が問題視する所はありません。

                まぁ自分がもっとキャストを上手くなれって話ですが、参考になれば・・。



                磯で80届いて30届かず

                0

                  久しぶりの夕マヅメ。


                  やはり磯の魚のファイトは楽しいです。久しぶりに80up。ちょっとまだ、
                  細いのが残念。


                  そしてメバル。ちょっと意識はしてキャストはしていたものの嬉しい一匹です。
                  尺に届きませんでした。こんどは、83deepでがんばります。

                  夏ごろから、シーバス(ミノーの場合)のリールはメタニウムMg DC7(長げー名前だな)です。
                  飛距離も全然問題ないです。場合によってはアンタレスDC7より良いです。
                  アンタDCでLモードにすれば当然飛距離は出ますけど、長時間、そして複合的な風で毎回神経使ったサミングしてらんないです。もはやDCの利点無し(あるにはあるが・・・)。
                  アンタDCでPE使った場合Mモードでは、もう少し伸びて欲しい時にLモード
                  にすると回り過ぎる事があるのですが、メタDCのLモードの場合その中間が
                  あります。iDCの頭の良さかどうかは解りませんが、キャスト時の初速を
                  判断して適性にコントロールしてくれてるというか文才の無い俺には説明
                  出来ませんが、メタDCは軽いし飛距離良いしコレで十分じゃんって感じです。
                  ただ、メタDCはキャスト直後なんか気になることがあります。上手く説明
                  出来ないですけど、バイクのエンジンに例えるとレブってる感じ。
                  スプール軸とベアリングのガタか極端にスプールのバランスが悪いのか
                  妙な違和感というか不安感が・・。

                  さてと、アンタDCを売るか悩み中。メタDCはロックフィッシュでも使うから
                  いちいちライン巻きかえる事を考えるともう一台必要か・・・。

                  グリップ

                  0


                    こんどは、トップ専用ロッドMWB-771-MLRFのグリップを作りました。
                    すでに、純正のグリップはショートに加工済みなので、リングやら、フード、ナット、メスブランクは使いまわしで安めに仕上げました。今回もパーツの注文は「マタギ」さんです。リールシートは純正と同じ18サイズで、色はガンメタです。ショート加工した純正グリップより60mm程長めにつくり、グリップエンドもコルクにしてみました。
                    あとは、魚を掛けるだけだな。


                    しかし、メタニウムMg軽い。全然飛ばせるし、ギアレシオも最高。去年までコンク200でしたがアクションもつけやすいし、なんつってもメインの1oz前後のプラグをテンポ良くキャストしても、振っても疲れない。正直コンクのハイギアが欲しいが・・・(しつこい)


                    また、やってしまった・・・

                    0
                      GクラフトのロッドMJB-852-MLを折ってしまった。

                      ポイント移動中にコケた。というより正確には足をかけたコンクリが抜けた。やはりそういう時は人間は体を守るようになってるみたいで、ロッドは「パシッ」とコンクリへ。グダグダ文句言いながら立ち直ってロッドを確認したら一見無傷でしたがバッド側から捻り、曲げの確認をしていくとやはりトップと2番ガイドの間でクラックが入ってました。おまけにトップガイドのSICはフレームから抜けてるし、ショックです。これで持ってるセブンセンス全部折り達成だな。
                      このまま2番ガイドの位置にトップガイド付けて再利用とも考えましたが、せっかくなんでフジのガイドコンセプトにしたがってガイド全部を付け直したいとも思ってます。

                      それはさておき、この際新しいロッドでも買うか!(いったいお前は何本必要なんだ?)とネット探すと、やはりベイトは無いですね。モアザンは高すぎ!有り得ないだろあの値段。実際に振ったことは無いですが、ショップで触った感じ心に響く感触は無かったです。むしろあのリールシートな無しだなと思ったり。シマノは昔の必要以上に硬い、重いのイメージが強くて未だロッド選びの候補には入ってこなく、コルクグリップがちょっと駄目だな。テンリュウのSWATは一度購入したけど、ちょっと硬い。(まぁMAX35gだからな)バットはあの硬さでいいのだが、ティップ側はもう少し柔軟になれば使い易いと思う。1シーズンつかったけど、普段ウェーディングで使ってるプラのミノーには不向きでタックルベリーに旅立ちました。ハンドメイドのちょっと重めのプラグには最適だと思います。ジャンピングジャックはちょっと頼りない感じで友人へ・・・。
                      となるとシーバスのベイトタックルは5,6年進化というか、新しいラインナップは無いのかな?
                      Gクラフトで新しいのでないのかな?今度は一つもしくは二つガイドを多くしてほしい。
                      スピニングでPE対応のが出ましたけど、ベイトであのLDBガイドはどうなんだろう?モアザンがその仕様だけど、気になるなぁ。この折れたロッドをLDBで作り直してみる手もありだな。

                      それと、このUMPCを衝動買いしてしまいました。旅に出たときと職場、ベッド脇用にと・・・。職場にあるこのPCの3倍以上も値の張るVAIOより全然快適です。まぁPCの進化はすごいですわ。

                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM